熊本県へのお出かけ

2018年3月 2日 (金)

寂しいけど最終日も楽しむの巻

阿蘇旅も最終日です。

初めて入った御宿の母屋(ふるさと&やすらぎスペース)に、
雪にまみれのドッグランを大いに楽しみ、「御宿小笠原」を後にします。rvcardash65


いつもなら、国道232号を走って真っ直ぐ広島に向かうのですが、
今回は寄り道してこんな所に行って見ました。

『竹田湧水群』でぇす!!
01

阿蘇山の東に位置する大分県竹田市にあ る湧水群で、
阿蘇山系からの伏流水を水源としています。

来た所は湧水群でも一番のスポット「泉水湧水」です。mist
02

火山岩の亀裂から湧き出る水は、豊富なミネナルと高い透明度から
九州一の名水と言われています。shine

それにしても、阿蘇からの湧水が、こんなに離れた大分の地にまで
沸き出しているって凄かですね。catface
03 05

しかもここには水車があって、元気に回ってるんですよ!typhoon
04八重パパ感激ですsign01happy02
 

美味しいお水を頂だいた後は、むふふ、こんな所にやって来ました。up
08_2

東洋のナイアガラ『原尻の滝』どうぇすsign03

遙か昔に起きた阿蘇山の大噴火で発生した火砕流でできた溶岩台地を、
緒方川の水が長い年月をかけて削り落として、このような景観が
誕生したみたいです。

09 10

「原尻の滝」を上からと下からも見れるように遊歩道が整備され、
幅120m,高さ20mの滝を体感できます。
11 12
水煙が凄い!wave

滝の下流に架かる吊り橋「たきみばし」からも滝の全景が望めますよ。note


15
16

観光用ですが、ここにも水車がありました。smile
17 14

せっかくなので八重も原尻の滝を散策です。happy01
18 13

 
 
「にっぽん水紀行」って番組で知った水の国 大分
阿蘇の大自然と、そこからの湧水とが満喫できた今回の阿蘇旅でした。heart04

20 「また連れてってね。」lovely
 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

おまけ、今回も多くの戦利品を持って帰ることが出来たよ。wink
26 27

おしまい

2018年3月 1日 (木)

阿蘇を楽しむの巻

二日目は青空が広がり、晴天の中阿蘇を楽しみました。sunsunsun
10

と言っても楽しみ方はいつもと同じなんですけどね。coldsweats01

 
まずは大好きなパン屋さん『めるころ』で昼食の買い出しです。
01 02

ここ「めるころ」にはハードパンが多くあり、
これがまたどれも美味しいですよね。heart04
しかもパンの密度が高くて2~3個でお腹一杯になります。
ハードパン好きな方にはお薦めですよ。scissors

 
お次は水源巡りです。阿蘇には多数の水源があるので、
まだまだ行ったことのない所も結構あります。
今回は新しい所を二つ行ってみました。

『寺坂水源』
04

どの水源に行こうかと調べてるときに、水車の回る水源を見つけ、
ここに行くべ!と選んだ水源です。smile
車もすぐ近くに停められるから便利良いですよ。

こんこんと沸き出す阿蘇の湧水、う~ん、綺麗ですね。
06 07
いつもこんな水が飲めたらどんなに良いことか。地元の人が羨ましいです。 happy02

さて、お目当ての水車はどこかいのう?と探して見ると・・・、
止まっとるやんけsign03impact
05

あの地震で壊れたのかどうかは分かりませんが、
落ち込みを隠せなかった八重パパなのです。gawk

 
ここから程近い所に二つ目の水源があります。
 
『湯沢津水源』
08

こちらも車ですぐ近くまで来られるので便利良いですよ。 good
水量的にはさっきの寺坂水源より多いでしょうか。
こちらもとても綺麗で美味しい水をいただけました。 lovely
09 10

 
お次はこのブログにも何度か登場し、趣のある場所にやって来ました。
11 12

小さな階段を下り・・・
13

おおお、これですよこれsign01
14

この感じがたまらんのですよね。uphappy02
15

はい!ご存じ『かんざらしの店 でぇす。happy01
16

「そんなことより、あたしゃー寒いのよ。」
17

この週末はとても寒く、最高気温も5℃もなかったように思います。
つまり冷蔵庫の中より寒いってことですよね。wobbly
八重にも簡易掘りごたつの熱気を分けてあげます。(写真では分かりにくい・・・)

いつもの「かんざらし」「ぜんざい」に加えて、
20 18

「赤牛のにゅうめん」も頼んでみました。
19
すわっ!でかい・・・。coldsweats02
小さい器で出てくるのかと思っていましたが、普通の丼サイズはあります。
これだけでお腹がいっぱいになりそうです。

うーむ、めるころのパンは残りそうだな。gawk
まあ、明日の昼ごはんに回せば良いか。

「にゅうめん」は大変美味しく、「へぇーこれならいっつも頼めば
良かったな。」と思える味でした。delicious

 
ぐるりと阿蘇をドライブした後は御宿に戻り、雪だらけの「ドッグラン」
遊んでみました。
47


八重は雪を怖がることもなく走り回ってくれました。happy02
49 52

ときおり深みにはまった時には顔が雪まみれになりましたが、
それでも楽しそうな表情にはほのぼのとした気分になれました。catface
50 51

53 54

楽しいからと言ってもお外は寒いので短時間で切り上げましたが、
大いに楽しんだドッグランになりました。note

最終話につづくよ

2018年2月28日 (水)

御宿小笠原の巻

八重家の常宿 『御宿小笠原』 も雪に埋もれました。snow
01 02

この雪のせいなのか、いつもより車が少ないですね。
03

今回のお部屋は203号室「さくら草」でぇす。八重家としては2回目になるかな。
04 05

ぬおおお!ツララが凄い!coldsweats02
06 刺さったら痛そうやね。(>_<")

足洗い場も氷っています。
07 08

石筍ならぬ氷筍ですね。(*`・ω・)ゞ
09

 

お部屋に入ると、八重が何か催促してるような表情をしています。
10 「パパ、何か隠してませんか?」

ははぁーん、これが欲しいんだね!!IKEAで買った二つ目のオモチャです。
八重は執念深いから良く覚えてるよね。 smile
13 「はい、どうぞ。」

「ぐわっはっはっ、八重のオモチャだー!」 impactsweat01
14 15

あらあら、スッキリしたのか満足気に寝てるね。sleepy
16 17

 
一息ついたところで夕食です。

棚に九州の焼酎が並ぶ前を抜け、通されたところはお食事処「ふるさと」でぇす。
18

えっ、なぜ「ふるさと」に八重家が行くの!?

記憶の良い読者の方なら「どうして?」って思うでしょうが、
それもそのはず「ふるさと」は去年までワンコ同伴NGngだったんですよね。
なので、八重家はいつもはワンコ同伴OK「ほがらか」利用だったんですが
その「ほがらか」がなくなったのを機に「ふるさと」がワンコOKになったんです。good
嬉しい!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

白川郷から移築した古民家を利用した「ふるさと」に初めて入りましたが、
へぇ~こんな感じなんですね。広々してなかなか良い雰囲気ではないですか。note
19 20

 
これは八重の晩ごはん「ササミサラダ」だよ。heart04
21 「はぁい、ゆっくり食べてね。」

ガツガツガツsign03impact
22

「ママ、おかわり。」
23

「あるわけないよね。」
24 お腹すいたな・・・gawk

 
こちらはパパとママのご飯です。
36 26

どれも美味しい料理ばかりで、お腹一杯食べることができます。

一日目はメインは阿蘇の赤牛です。もちろん熊本名物の馬刺しもありましたよ。
27

そして二日目はなんと囲炉裏焼きでした。(*^-^)
55 61

57 59

「ほがらか」時代にはなかった料理にビックリ!
炭火で焼くお肉はとても美味しかったな。scissors

お酒はもちろん焼酎ですよ。入り口に並んでいた銘柄が選べます。
八重家はが好きなので紫の赤兎馬 (せきとば) をチョイスしました。
30 29

 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。

32 33

 

こちらは朝ごはん風景。
34


ほう、明るかったら景色良いんだ。fuji
35 阿蘇の外輪山が良く見えるね。note

一日目と二日目の朝ごはん、これぞ日本の正しい朝食ですね。delicious
36_2 63

「八重は花よりだんご。何か食べたいよう。」
37 64_2
 

この「ふるさと」ワンコOKに合わせて、ふるさと2階が「くつろぎスペース」
として利用できるようになりました。
38 41

もともとは何に使われてた部屋なのかは分かりませんが、
本も何冊か置いてあり、ワンコと一緒にくつろぐ事ができます。
39 46

しかし、新しい所に来て八重に「くつろぐ」と言った言葉はありませんsign01
他のワンコの匂いを求めて右へ左へとクンクンパトロールです。
43 44

45 まったく忙しない奴です。(^ー^)

つづくよ

2018年2月27日 (火)

雪の阿蘇の巻

雪山を走る八重カーrvcardashsnowsnowsnow
02_2 03_2

ここはどこの北口?って言ってしまいそうな景色ですが、
紛れもなく火の山「阿蘇山」でぇす。fuji
01_2

外輪山を越えて阿蘇のカルデラの中も雪景色が広がります。
04_2

ぬおっ、小さいながらも「かまくら」がある!w(゚o゚)w
誰が作ったのかは分かりませんが凄いsign03
05_2 06_2
 
さあ、今回1番の難所、「御宿小笠原」への進入路です。
予想通り積雪は残りアイスバーン状態。coldsweats02
07_2 08_2

4WDから2WDになった八重カーだけに傾斜がきつく心配でしたが、
八重パパの運転テクニックもありsmile、問題なく御宿到着です。 scissors
09
  
二日目は晴天に恵まれました。sun
初めて見る阿蘇の雪景色、う~ん綺麗ですね。shine
10_2
 
阿蘇をドライブしていると、「すわっ、あれは何!(?_?)」
11_2

よく見ると扇形の雪模様が浮かび上がっているではないですかsign02
12_2 ホントに何なんだろう???

いや~新年早々(1ヶ月前のお話です。coldsweats01)、良いものが見れました。 note

つづくよ

2018年2月26日 (月)

うきうき気分の行きの巻

突然ですが、『御宿小笠原』へ行ってきました。 rvcardashぶるるる
01



時は1ヶ月以上も前の全国的に大雪が降りsnow
阿蘇も雪に埋もれた1月中旬(12日~14日)の事です。
02
 

広島から阿蘇までは遠いので、休憩ついでに福岡に寄り道です。

立ち寄った所は大好きな 「IKEA」 どうぇーす。 happy02up
03 05
04
 


広い店内には生活に必要なありとあらゆるものが並び、日本のお店では
見かけない商品が目を楽しませてくれます。eyeshine
11 12

13 17
 
ここに来たら買わないといけないのがこのコーナーにありますsign01
14

はぁいsign01八重のオモチャでぇす。happy02
今回は二つのオモチャをチョイスしましたよ。 heart04
15 16
 

この巨大な倉庫がIKEAの売りですね。
18

大物の商品は、お客さんが自らここから商品を取り出してレジに持って行くんですよ。
これがなかなか楽しんですよね。note

 
外に出ると雪がパラパラと舞っていました。snow
19


ぬおっ、阿蘇は大丈夫だろうかsign02 coldsweats02

パパとママの心配はよそに、八重はIKEAで買ってもらったオモチャでハッスルタイムimpact
20 運動
不足解消だね。smile

21 22

 
さあ、頑張って阿蘇に向かいますよ。 rvcarsweat01 (つづく)

2017年1月19日 (木)

熊本阿蘇旅お土産の巻

熊本朝旅もいよいよ最終話です。

阿蘇の行き帰りも含めてあちらこちらで見つけた美味しい物、そして
楽しい物をお土産として買って帰りました。present

 
まずはお酒です。bottle
downwardleft左は御宿で飲んで美味しかった芋焼酎「芋ぐるま」downwardright右は山鹿で買った
千代の園酒造の「しぼりたて原酒」です。
41_2
芋ぐるまは芋焼酎らしい風味がしっかり出ていて美味しいですね。
しぼりたて原酒は名前の通りで、日本酒は原酒が好きな八重パパなのです。note

 
この「豆腐のもろみ漬」も、御宿の夕食で食べてとても美味しかったので、
調べて買った物です。happy02
42
食べた時に、何かに似てるなと感じてたんですが、「あっそうか!沖縄の豆腐よう
似てるんだ。」
と思い出しました。
癖の強い味わいなので好き嫌いが分かれると思いますが、もともと豆腐よう好きな
八重家には、お気に入りの食べ物の仲間入りです。shine

その他にもいろんなものを買っちゃいました。(*^_^*)
43

熊本名物からし蓮根を元に作られたスナック菓子「れんこん天からし味」は、
からしの辛さと風味がちょうど良く、美味しかったです。2つ買えば良かったかな。catface

「頑張るばい、熊本!」ステッカーは車に貼る予定です。このステッカーは
復興支援グッズで、料金の一部は復興に役立つ見たいです。
44

トミーズで買った「ステンドグラス」。外の光に透かすと、グラスの色が際立ち
とても綺麗ですね。shine
47

これは阿蘇からの帰る途中の日田市で買った湯布院創作菓子「ぷりんどら」でぇす。happy02
48 49

初めの予定では湯布院経由で帰ろうと考えていて、その時に見つけたお菓子なんです。
どら焼のアンコがちょい固めのプリンに替わり、どんな味かと食べてみると
「これが旨い!」upまた一つ、八重家のお気に入りが増えました。

 
さて最後に御宿小笠原で寛ぐ八重どうぇーす。
52

窓の外に何があるのかな。confident
53

55 57

58

床暖房が好きな八重heart04、とても気持ち良さそうに寝ていました。sleepy
59

そして、帰宅後ぐっすりと眠る八重。阿蘇の楽しかった夢でも見てるのかな。catface
60

また、元気にみんなそろって阿蘇に行こうね。scissors

おしまい

 

八重ママのHP
Yuiyuilogo320

フレンチブルドッグひろば

広島ブログ

2017年1月17日 (火)

熊本阿蘇旅大自然の巻

どっどーん!と阿蘇の雄大な大自然が、360度見渡す限り広がっています。
1

2_2 3_2


ここからは震災の爪痕は分かりませんが、目的地に向かって車で走っていると、
8ヶ月経った今でもあちらこちらで通行止めの道が残っていて、通行可能な道でも
土砂崩れの跡を数多く見ることがありました。bearing

完全復旧には、まだまだかなりの年月がかかりそうです。頑張れ熊本sign01
 

南阿蘇に来ると必ず立ち寄る「池の川水源」、今年もこんこんと綺麗な水が
湧き出していました。
5_2 6_2
八重の携帯してる水筒の水も入れ替えです。でも八重に違いが分かるかな。smile

 
今回の阿蘇旅では、あまり来たことのない「高森町」にある、二つのパワースポット
訪ねてみました。
ちなみに高森町
は「日本の最も美しい村」連合の一つとして認定されています。

パワースポットのひとつ目がここdownwardleft 『高森殿(たすかぎどん)の杉』でぇす。happy02
8

かつての高森城主が祀られていた周辺一帯は阿蘇牛の放牧地になっていて、
中に入る時にはゲートに備えてある消毒液で手と靴底を消毒しなければいけません。
なので八重は中に入れないので、パパだけがおっちらおっちらと200mの坂道を
上って見に来たのでした。
7_2

放牧地を抜けた林の中に現れた一対の杉の大木は、幹周囲10m以上、
樹齢400年以上で、幹から何本にも枝分かれしたその異様な姿に圧倒
されてしまいます。shine
9_2 10_2
11_2


いや~ホントに凄いの一言です。見てるだけでパワーをもらってる感じがします。
これぞパワースポットsign01

 
二つ目のパワースポットは『上色見熊野座(かみしきみくまのいます)神社』でどうぇす。happy02
12_2


神殿まで続く長い参道の傍らには、100基近い灯篭が整然と並んび、そして山中であるため
直射日光があまり当たらずに苔むしていることが、幻想的な雰囲気を醸し出しています。shine

Dc010974_214_2

15_2

この長い階段を八重と一緒に上がるのは厳しいので、今度はママに頑張って上がって
もらいました。sweat01

後で聞くと、上って上って、鳥居が見えてもまだまだ上り、やっと神殿に着いたそうです。
16_2 17_2

でも、ここがゴールではなかったのです。bearing
18_2 杖を借りてさらなる急坂の先には・・・

なにか巨大な岩が見えてきました。eyeshine
19_2 22_2

「ぬおおお、これまた凄い!」 
巨岩にぽっかりと穴が開いているではないですかsign03
21

これは「穿戸岩(うげといわ)」と言われ、巨大な岩に穴があいていることから、
困難な目標も達成可能である象徴とされ、パワースポットとして多くの人が
訪れていました。

 
高森町のパワースポットに触れ、今年の八重家がさらなる躍進の年になると
嬉しいですね。heart04

もう少しつづくよ。

 

八重ママのHP
Yuiyuilogo320

フレンチブルドッグひろば

広島ブログ

2017年1月14日 (土)

熊本阿蘇旅グルメの巻

阿蘇に来たらまずはここでしょう!『かんざらしの店 でぇす。happy01
31

阿蘇から流れ来る綺麗な湧水があちらこちらに流れる結の風景は、
何回来ても心がけ癒されます。この雰囲気が大好きな八重家なんです。note
33 14

お決まりではありますが、かんざらしぜんざいをいただきました。delicious
34 37

35 36
美味しいからついつい同じ物ばかり選ぶんですが、メニューの「阿蘇あか牛にゅうめん」
文字が目に留まった八重パパはeyeshine、次回のこれにするぞ!と
心の中で叫んだのでした。smile

こちらは去年の11月に開店したばかりのコーヒー屋さん雲海珈琲焙煎所
店の前にはコーヒーの良い香りが漂ってきます。note
38

ここのオーナーさんは、熊本地震の時にボランティアとして参加され、ここ阿蘇市一宮の
自然が大変気に入り移住を決意、お店を開かれたそうです。

メニューは少なく3種類くらいだったかな、八重家は『晴耕雨読』と命名されたグアテマラ・
コスタリカ・ブラジルのブレンドコーヒーをお願いしますした。
39
晴れた日は田畑を耕し、雨の日は家に引きこもって読書する。いずれの時も一杯の珈琲とともに。

八重パパが酸味より苦味の方が好きなので選んだとさ。(ホントかどうかは定かでは
ありません。smile)
お味はやはり旨いですね!happy02
コンビニの100円コーヒーも好きだけど、ひと味違いました。まあ、料金も違うんですけどね。


前回来た時にお気に入りになった
のお店『TOMMY’S』
今回もいい物ありましたよ。scissors

40 41_2

42_2 43_2

そして今回の旅で楽しみにしいたのがここ『めるころ』どうぇーす。
44

ここのパンは八重家の中でもイチニを争うほどのお気に入りなんですよ。
そのめるころも熊本地震ではかなりの被害を受け、建物が崩れることはなかったものの
店の中はありとあらゆる物が散乱自容態、ワインの瓶は割れ床はワインの海と化していたそうです。

このままめるころが閉店するかもとのうわさも流れましたが、仲間たちの協力もあり
6月に無事再開できたそうです。良かった良かった。

この「元気に」と言う文字が震災に負けず頑張ってるって感じで良いですね。note
45

パンも震災前と変わらず沢山並んでいました。happy01
46 47_3

ぐふふ、どれにしようか迷っちゃいますね。選ぶ楽しみがあるって幸せーheart04
48 49

今日の昼ご飯用だけでなく、明日の分まで買っちゃいましたよ。catface
50

さあ、お次は観光の巻第二段ですよ。

 

八重ママのHP
Yuiyuilogo320

フレンチブルドッグひろば

広島ブログ

2017年1月12日 (木)

熊本阿蘇旅お宿の巻

阿蘇旅に出たのは1月5日(木)8日(日)34日、この内2泊を八重家の
定宿「御宿小笠原」で過ごしました。catface

この御宿にはもう何回泊まったのかな?
阿蘇に来たらここしかないよね!と言うほどお気に入りです。scissors

11_2


でも、去年4月に発生した熊本地震では大変心配しました。coldsweats02
御宿のスタッフの皆さんは大丈夫だろうか、建物の被害はなかっただろうか、
温泉は渇れてないだろうかdespair

実際のところは大きな被害はなかったみたいで、約1ヶ月ほどのお休みで
再開されました。
18 19

良かった~ぁ。happy01

ただ、やはり無傷と言うことはなく、室内ドッグランだった「いこい館」
修復不可能と言うことで解体されて更地になっていました。weep
16 17

お食事処ふる里の屋根もこんな状態・・・、はやく元に戻ることを祈ります。
15

部屋の方も一見普通に見えますが、所々修復した後があり、震災の爪痕が
あちらこちら見られました。

12 14
ともあれ顔馴染みのスタッフの皆さんとも無事にお逢いすることができ、
こうして八重と一緒にふたたび泊まれる事は嬉しい限りです。shine
13 「八重も嬉しいの。」heart04
 
今回もお食事処はペット同伴可の「ほがらか」です。
この「ほがらか」は定員5組なので早めの予約が必要なんですよ。
[初日の夕食]
20 21 赤王の焼物

[二日目の夕食]
22 23 天草大王の焼物
どれもとても美味しゅうございました。note
写真はありませんが、これ以外にもご飯物などもあり、
おなか一杯になりました。


[二日目の朝食]
24
[三日目の朝食] 
25
これぞ日本の朝食!って感じですね。happy01

もちろん八重のご飯もあるよ。「ささみサラダ」だよ。happy02
26

「ぬおおお、早くちょうだいsign03
27
八重の大好きなお肉にお芋さんもあるからね、
もうかぶり付きだね。delicious

食事の後はコーヒータイムです。
フロント横にはビーの無料販売機でレギュラーコーヒーが飲めます。
29

部屋に戻って飲みたい人用に、紙コップも用意されているのは嬉しいですね。
30

阿蘇観光につづくよwink

 

八重ママのHP
Yuiyuilogo320

フレンチブルドッグひろば

広島ブログ

2017年1月10日 (火)

熊本阿蘇旅プロローグの巻

じゃっじゃ~んnote、やって来まし「道の駅おおとう桜街道」Dc120801_2
八重家お決まりの車内泊地でぇす。happy01
1 えっ、どこに行ったのかって?
ぐふふのふ~ 新年早々ではありますが、熊本は阿蘇の山へお出かけしてきました。rvcardashぶるるる

そんなおおとう桜街道の正面には、巨大な角松が!でかいのう~w(゚o゚)w
2 3

八重家もご利益にあやかろうと絵馬を奉納させていただきました。happy01
4 5

 
こちらは福岡県筑紫野市にある『五郎山古墳』、径約35mの装飾壁画を持つ
円墳で、国の史跡にも指定されています。

6 7

麓の「五郎山古墳館」では忠実に再現された石室が見学出来るんですよ。
八重パパもランタン片手にプチ探検を楽しんじゃいました。happy02

8 9

 
お次は恒例の山鹿でぇす。
八重ママが『Folk Material Reborn』材料ハンティング中、パパと八重は
山鹿散策で楽しみました。heart04

10 13

「相変わらず綺麗な灯篭ね。」shine
11 12

 
さあ、いよいよ阿蘇にと入って行きますよ。(つづくよ)

 

八重ママのHP
Yuiyuilogo320

フレンチブルドッグひろば

広島ブログ

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30