小物をつくる

2016年9月13日 (火)

作製近況その4

Conv0047 upwardleftしつこく「空き箱 de カルトナージュ風」3作目。

このワンコ生地。 フランス製のジャガードなんです。

Conv0048

バッグ用に向いてるしっかりした生地で、全面にいろんな犬種が織り込まれている珍しいものです。

ネコバージョンもあって、そっちもすごい可愛かったですよ。

箱のサイズに合う柄部分を切り取って使いました。

Conv0049 これも秋田土産の針山に色を合わせて作りました。

持ち運び用のお針箱として使います。

.....................................................................................................................................

最近刺繍教室に通い始めました。

今まで色々刺繍も取り組んできましたが、あくまでテキストを見ての独学です。

仕事で色々なジャンルの刺繍講師の方に接する機会があるんですけど、プロの方が見るとやっぱり駄目なところがいっぱいあるんですよねぇ~。

表側が綺麗に仕上がってても裏面がダメ!とか、針の進め方だとか、刺し方にも日本流だのヨーロッパ流だのあって、聞けば聞くほど奥が深いです。

やっぱりきちんと習おうかな~と思っていた矢先、タイミング良くある刺繍協会師範の方の教室に入れていただけることになりました。

色々なジャンルの刺繍を勉強された先生で、作られる作品も可愛いものばかりなので、半日がかりの授業ですが楽しいです。

自分の作品がより良いものにできるように頑張りまーす!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Yuiyuilogo320_2 『Yui Yui』のホームページ

4  フレンチブルドッグ八重の日記

人気ブログランキングへ

|

2016年9月12日 (月)

作製近況その3

Conv0009 upwardleftカルトナージュ風空き箱その2。

カルトナージュはフランス発祥の手芸品です。

正式な方法で作るのなら、箱の組み立てから入ります。

あらかじめ出来ている箱に布を貼るので、どちらかと言うと「ファブリックデコ」分野なのかな?と思いますが、まぁ~細かいことはどうでもいいの。( ̄▽ ̄)

Conv0012 表面はぜ~んぶリボン(一部折りネーム使用)

今回はテストを兼ねて、全面貼りにしてみました。

Conv0013 底には滑り止め用に革を貼ります。

底に革なんてもったいなーい!(@_@;) と思うかもしれませんが、革のセットとかハギレパックとか買った時って、どうしても使わないものって入っているでしょう?
あれを活用すればいーんです(^^)

滑り止め用なので、スエードタイプになっているものが良いです。

Conv0014 旦那ちゃんの秋田土産の針山を入れて。

実はこの針山に合わせて配色を考えた箱なんです。 そう、お針箱にするんですよ。(^^)

サイドに使ったのは着物のハギレ。 内側は全てゴールドの裏地を貼りました。

あらかじめ出来てる箱に総貼りなので、フタの開け閉めがキツくならないよう薄いリボンや生地を選びましたが、やっぱりキツくなった~( ̄Д ̄;;

全面貼りの時は、面倒でもきちんとカルトナージュで作った方が良いですね。

でも、これはこれでとっても気に入った仕上がりになったので満足(^^)

中身をそろえるのが楽しみですnote

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Yuiyuilogo320_2 『Yui Yui』のホームページ

4  フレンチブルドッグ八重の日記

人気ブログランキングへ

|

2016年9月 6日 (火)

作製近況その2

Conv0015 こんにちは。 箱で~す!

Conv0003 ふがふが・・・

Conv0004 ね~、今度は何ですの?

空き箱にハギレとリボンを貼って作りました。

「カルトナージュ風」ってヤツですね。

手持ちの大事な生地の中に、素材としては面白いんだけど服にもバッグにも向かないってのがいくつかあります。

この生地もリボンも、ゴールド部分がメタリック繊維のためどうしてもパリパリするし、縫い目が綺麗に仕上がらない欠点がありました。

それでも水玉の方でなんとかバッグを作ったら、「金屏風か?」みたいな殿様ゴージャス系の仕上がりになってしまって、数回使っただけでタンスの肥やしになっていたのです。

脇部分の素材はRebornさんとこのインド製リボン。

どう使おうかとストックしておいたものです。

ふと「アレとこれが合うんじゃない?」と思って組み合わせてみたらピッタリ~~~!!!

殿様バッグを「解体」して生地に戻し、箱にしてみたらえらくモダンな仕上がりになりました。

Conv0017 刺しかけ中の刺繍を入れておく箱にします。

Conv0016 中身は八重のおやつがいいなぁ~。

この箱作り、ちょっとハマりそうな予感です。( ̄▽ ̄)

|